楽健法ってなに?

楽健法とは、足裏を使って体全体を踏んでもみほぐす「足圧整体リラクゼーション」です。

人の身体には、血管やリンパ管などの無数の管がはりめぐらされています。

運動不足、逆に無理な運動、冷え、疲労、ストレス等で体の筋肉がかたくなると、

管を圧迫して血液や体液の流れが悪くなります。

管は血液、酸素、栄養などを運び、不要な老廃物を排出するなど大切な役割があります。

楽健法は全身を踏んで、かたくなった筋肉(潜脹せんちょう)を足裏でほぐし、

管の循環を良くしていく健康法です。


楽健法の様子

楽健法「足の付け根・全体」

「足の付け根」「足全体」

上半身の重量を受けるところで、一番疲労が溜まるところです。

楽健法「足裏」

「足裏」

楽健法「鼠径部」

「鼠径部」 腰痛があると鼠径部も硬くなります。

楽健法「足全面」

「足前面」

楽健法「腕の付け根」

「腕の付け根」

楽健法「臀部」

冷えや腰痛などでかたくなります。

楽健法「腕・背中」

「腕・背中」

楽健法「肩」

「肩」